しみを消す美容液、これしかない!

シミを消す化粧品、どれがいいか教えて!

ある日、鏡を見ていたら、顔のシミに気がついた!



どうしよう?しみができてる!

こんな経験、ありませんか?
紫外線を浴びすぎたとか原因は色々でしょうけど、問題はこれからどうするか?です。

メイクでしみを隠すにしても限界がありますし、
何より厚化粧をして老けて見えるのも、女性には
たまりません。

必要なのは場当たり的でない、根本的なシミ対策です。
このサイトは、シミに悩む女性を応援する情報サイトです。

シミ対策、この点に注意しましょう!

美容液選びも大事ですが、同じくらい大事なのは
普段からのシミ対策です。
以下の点は特に注意して下さい。

  • 何より保湿は大事。
    肌の保湿を常に意識しましょう!


    肌の保湿が落ちると、紫外線に対する抵抗力が
    弱まり、シミができやすくなります。
    特に、夏のクーラーがガンガン効いている部屋は意外に
    乾燥しているので要注意です。


  • メイクは薄めにね
    シミを隠すためにも、メイクは濃くしたいという気持ちは分かります。

    しかし、基本的にメイクが濃いほど、シミの回復も時間がかかります。
    特に、リキッドファンデは油分が多いものが多く、要注意です。


  • 真夏は、日焼け止めも併用しましょう。
    シミ対策の美容液には紫外線対策の効果があるのが普通ですが、
    さすがに真夏の紫外線は防ぎきれません
    (防げると称している化粧品はありますが)。

    夏には(人によっては、初夏前には)シミ美容液と、日焼け止めを
    併用するようにしましょう。

<関連サイト>
シミを消す美白化粧品、失敗しない選び方は?


(コラム)シミに効果的な美白成分

シミを治すためには美白成分が配合された化粧品を使う必要があります。
近頃は様々な種類のものが販売されていますから、購入する際は
しっかり成分を確認するようにしましょう。

まず、メラニン生成抑制作用を持つ成分としてアルブチンやルシノール、
コウジ酸やエラグ酸が挙げられます。
この作用があることによって紫外線や活性酸素によって作られるメラニンを
減らすことができるため、シミの発生予防に効果が期待できるのです。

同じくトラネキサム酸という成分にもメラニンが作られるのを防いで
美白を促す働きがあります。
また、蓄積してしまったメラニン色素を除去するためには胎盤から有効成分を
取り出したプラセンタエキスを、メラニンの蓄積を防いで色の目立ちを抑えるには
ビタミンC誘導体を使うと効果的です。

もちろん毎日の洗顔で肌を清潔な状態に保ち、できるだけ紫外線に
当たらないようにすることも必要ですが、こういった美白成分にも
注目しながらスキンケアを行うことも大切です。

ただし、自分の肌質に適していないものを使用していると症状がひどくなる
可能性もあるので、色々な化粧品を試して自分にぴったりのものを
見つけるようにしましょう。
美白化粧水だけでは肌がカサついてしまうという方は保湿化粧水との
ダブル使いでシミと同時に乾燥も防いであげてくださいね。



お役立ちサイト

紫外線カットの化粧品、人気ランキング
シミを消すための美白対策も大事ですが、何よりシミができないように、
普段から紫外線対策をすることも大事です。
ところが、世間で販売されているUVカット化粧品はSPFの高さばかりを競って、
肌にやさしくない化粧品が大半です。肌に優しいUVケア化粧品を紹介します。


シミはなぜできるの?
シミの原因が紫外線なのは皆さんご存知の通りですが、なぜ紫外線が
シミの原因になるかご存知でしょうか?
ここでは、シミができるメカニズム、メラノサイトなどについて紹介します。